CRM導入の注意点とは?

業務の効率化や売上の向上のためにCRMを導入を検討しているときには、失敗しないためのいくつかの注意が必要です。ひとつはコスト面の問題です。導入の仕方によって初期費用がかかるものや月額で費用が必要となるものがあります。無料で使えるものもありますが、機能が制限されています。

まずはどの程度のシステムを期待しているかを明確にしましょう。必要とされるコストと期待される結果が釣り合わなければ、導入をしない方がいいかもしれません。CRMにはいろいろな機能がありますが、自社にあったものかどうかを見極める必要があります。さまざまな使い方ができるような紹介だけ見て決めてしまうといざ使ってみると、足りないなんてこともあるかもしれません。

肝心の機能がないために再検討をするようなことがあるとデータの移行に時間を要してしまいます。扱う製品や対象となる顧客によって必要となる機能が異なるので、何が使えるかをしっかりと確認しましょう。CRMを導入するときに全く新しいシステムとして考えると現場の負担は大きくなり、業績に影響します。できるだけ既存のシステムからスムーズに移行できるか、連携できるような導入を検討した方が良いでしょう。

最も避けたいのは、二重で入力が必要となるシステムが出来上がることです。2倍の作業を行わなければいけなくなると、効率が悪くなり売上にも影響するでしょう。それではコストをかけて導入する意味がありません。

Filed under: オフィス, システム, ビジネス

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website