SFAとは何かメリットも含めて考えよう

SFAとは、簡単に言ってしまうと営業支援システムのことを意味しています。営業を実施しても、効率の悪い方法の場合には高い成果を期待することが難しくなります。そこでSFAを導入することで、営業の成果につなげることが大切です。ではSFAとは、具体的にどのような仕組みのものになるのでしょうか。

実際に導入する場合に利用できる機能には、顧客管理・案件管理・行動管理などのポイントがあげられます。例えば顧客管理では、営業担当が個別に管理していた顧客のデータが一括で整理できます。ほかの社員も閲覧できるデータに可視化することで、効率よく営業を実施して成果につなげていくことにつながります。また案件管理では、個々の社員の営業の状況を把握することで、スケジュールを調整し効率よく仕事を進めていきやすい環境を作れます。

さらにSFAとは、どのようなメリットがあるのか合わせて把握しておくことも大切です。メリットの1つが、営業部全体の動きを改善していけるという点です。システムがない段階だと、それぞれの顧客の情報や状態がわからず、同じ作業を別の社員が実施する二度手間の状況になっている可能性もあります。顧客や案件を一括で管理することで、個々の状況を把握し営業部全体の動きをより良いものにしていくことが可能です。

さらにデータを整理していくことで、事務に盗られる時間を減らし営業の仕事に集中できる環境を整えられるのもSFAにおけるメリットの1つです。

Filed under: SFAとは, ビジネス/オフィス, 営業支援システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website