SFAとはどのようなメリットがあるか考えてみよう!

SFAとは、営業活動の支援を目的としているシステムを指す言葉です。営業の仕事において、顧客情報やプロセスの管理もしくは共有をすることは業務の効率化へつながる大切な要素です。管理や共有をシステム化することで、効率よく業務が進められるようにできるのがSFAの特徴の1つでもあります。では実際にSFAとは、導入することでどのようなメリットが期待できるのでしょうか。

期待できるメリットの1つが、営業活動が可視化できるという点です。営業担当がここに顧客情報やプロセスを管理していると、それぞれの状況が見えずに全体の管理をすることも難しくなります。プロセスを管理できれば、担当者が躓いたポイントなどを整理して、個々の状況に応じた適切な指示やアドバイスをすることも可能です。またSFAとは、営業活動の標準化ができるというメリットにもつながる仕組みです。

営業社員は、それぞれが人脈や事例などさまざまな情報やノウハウを持っています。しかしそれらの情報が共有されないと、自分が持っている情報とは異なるパターンに遭遇したときに対応しにくくなります。多くの社員の情報を共有することで、顧客に合わせた対応を標準化できるかもしれません。実際にSFAとは、導入することでメリットもある仕組みです。

しかし導入した当初は、仕組みになれず戸惑うこともあるでしょう。会社の将来を考えたうえで、どのような形で導入して定着させるのが適しているか考えながら取り入れていくことが大切です。

Filed under: SFAとは, ビジネス/オフィス, 営業支援システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website