SFAとはどのような機能があるものなのか?

SFAとは営業の自動化のことだと言われても、具体的にどのような機能があるかわからないと活用する意味も見えてきません。そこで営業の自動化にはどのような機能があるのか整理し、導入する意味があるかどうか考えていくようにしましょう。実際にSFAとは、営業プロセスを自動化させて業務を効率化させる役割を担っています。その機能の1つとしてあげられるのか顧客管理になります。

顧客情報の管理を営業マンが個別にしていると、重複している情報に気づかず、異なる相手に複数の社員が営業をしてしまう可能性もあります。営業の重複などを避けるためにも、顧客情報を管理できる仕組みを整えることも必要です。またSFAとは、案件を管理できる仕組みを整えるという機能もあります。営業案件の進捗状況などを管理することで、どのような段階なのかチーム全員で共有できるようになります。

プロセスの過程を把握することで、必要なサポートをしやすくなるので、営業全体の成果アップへとつなげることが可能です。そしてSFAとは、売り上げ予測などもシステム化できるという特徴があげられます。セールスマンごとの売り上げや部署全体などのデータを入力することで、さまざまな角度からの売り上げ予測が可能になります。SFAによる売り上げ予測だけではなく、予実管理もできます。

予実管理によって予測値を共有することで、注意点や目標を把握し効率よく業務をすることにもつなげられます。SFAとはのことならこちら

Filed under: SFAとは, ビジネス/オフィス, 営業支援システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website