Skip to content

スチールラックで押し入れを便利なクローゼットに

押し入れは、家の中でも貴重な大容量の収納スペースです。空間を上手に活用すると、部屋の中の余分なものをしまっておくことができるので、スッキリとした暮らしをすることができます。洋服ダンスを持っている人は、押し入れをクローゼットとして使うと部屋に洋服ダンスを置かなくても良くなり、部屋を広く使えるようになります。またバッグや小物、普段使わないものなども収納することができれば、ホテルのようにすっきりとした部屋に生まれ変わらせることも可能です。

押し入れを大容量の収納スペースとして活用するためには、空間の使い方が大切です。ぎっしりと物を詰め込むとかなりの容量になりますが、使いやすさも考えると余裕のスペースや見やすさ、届きやすさも重要になってきます。スチールラックは、棚の高さを自由に変えることができ、洋服を掛けるポールを取り付けたり、フックを使って吊るす収納もできるのでとても便利です。上の段の使いやすいところにハンガーラックをつけ、下の段にはキャスター式のスチールラックで衣類や小物を収納していきましょう。

スチールラックはそのまま置くだけでショップのようにディスプレイをしながら収納することができます。見やすく届きやすいだけでなく、通気性も良いので安心です。おしゃれなかごやボックスを使えば、下着などもきれいにしまうことができ、たんすがなくてもたんす以上の収納力を発揮します。布団派の人は、布団を置けるサイズでキャスター付きのスチールラックを組み入れると、上げ下げが楽になり、通気性もばっちりです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *