Skip to content

キッチンに置くならスチールラックがおすすめの理由

キッチンにはたくさんの調理道具や家電製品、ごみ箱にストック食材、布巾などがあります。大きさの異なる皿やカップ、茶碗に箸と食器だけでもたくさんの種類と量になっているのではないでしょうか。食器棚にレンジボード、ストック棚やストックケースとたくさんの収納用品や収納家具を置いているのに、スッキリとした印象にならない、いつも調理台に何か出ていて片付かないなど、キッチン収納に悩みがあるならスチールラックがおすすめです。スチールラックは、側板などがなく、ボールと棚板が基本の作りなので、収納アイテム自体の体積が少なく、その分収納力が高くなっています。

同じ体積なら側板や引き出しなどがある食器棚や収納ケース等と比べて収納力が高い、ということです。スチールが丈夫なので、重い電子レンジや炊飯器をのせることもでき、通気性が良いので食材や布巾などを収納するのにも向いています。キッチンに食器棚や収納ケース、レンジボードなどを目的ごとに分けて置いているなら、そのスペースに大型のスチールラックを置くことをイメージしてみましょう。大きなスチールラックの真ん中付近に電子レンジや炊飯器を置きます。

コーヒーメーカーやブレンダーなどもまとめておくことができるので、家電製品がひとまとまりになり使いやすさと見た目の統一感が生まれます。ゴミ箱を下に、上にはストック食材やタッパー、布巾などをかごに入れて収納します。色々な物をまとめておくことができ、高さや奥行を統一することで、見た目のすっきり感がアップし、スペースにも余裕ができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *