Skip to content

キッチンが片付くスチールラックの使い方

キッチンの作業台がいつまでたっても片付かない、鍋や包丁、菜箸にざるなどがばらばらに収納されているうえに取り出しにくくて料理をする気持ちがなえてしまう、収納グッズを投入したけれども効果が感じられないなど、キッチンは毎日使う場所だけに収納のことで悩んでいる人は多いようです。毎日ご飯支度をするたびに、ストレスを感じるようなキッチンから卒業して、スッキリと片付き、作業効率の良いキッチンに変えていきましょう。キッチンを整理して、使いやすく、おしゃれにしたいという人におすすめなのがスチールラックです。スチールラックは、ポールと棚板がパーツとなっていて、細かな仕切りや引き出し、厚い棚や側板などがない分を収納にあてることができるので見た目以上に大容量です。

すっきりとしたキッチンに生まれ変わらせたいなら、小さなサイズの収納を組み合わせることをやめて、思い切って大きなスチールラックを投入してみると変わります。キッチンには小さなサイズの食器や調理道具から、鍋やフライパン、ざるなどかさばって重さのある物まで色々な物が詰め込まれています。キッチンに合うサイズで電子レンジや炊飯器などの調理家電、鍋やフライパン、ストックの食材や調味料、布巾やペーパータオルなどを収納することができれば一目で必要な物が見えて手が届き、片付けも簡単になります。調理に必要な物をスチールラックに収納することができれば、キッチン台の引き出しが開くので、キッチン台の引き出しに入る分の食器を収納すると食器棚がいらなくなります。

食器棚のスペースを見込んで、大きなスチールラックを設置したり、キッチン台になるラックを設置する、余裕のスペースとして開けておくなど広さに合わせた使い方を考えてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *