Skip to content

子ども部屋の家具は安全で楽しいものを選ぶ

最近海外の子ども部屋が紹介されるなど、子ども用の家具に対する意識が高まっています。

子ども部屋の家具でまず、心がけるのが安全性です。子どもが舐めたり口に入れたりしても、害を与えない家具である必要があります。角が尖っているものやガラス製は避けます。また子どもの成長は速いので、長く使えるものが良いです。高さが調節できる椅子や机を選びます。また子どもの趣向の変化にも対応するために、様々な用途に活用できるものにします。収納家具は、年齢によって買い足せるものや、子どもが不要になっても他の部屋で使えるシンプルなデザインのものを選びます。

収納ボックスを重ねる場合、動かないように固定します。さらに、子どもがある程度の年齢になれば、部屋で勉強を始めます。よって照明は自然光に近くて部屋全体を明るくするタイプが適しています。手元を照らす照明がある場合、スタンドが倒れてケガをしないように固定します。一方でシンプルや安全にこだわるのは大人の要望で、子どもにとっては味気ない部屋になる恐れがあります。子どもは大人以上に色へのこだわりが強いので、カーテンや壁紙などを工夫して、楽しい空間を作ります。カーテンやリネンは、可愛いファブリックを使用します。色はカラフルになりすぎない程度に、子どもの好きな色を取り入れます。壁紙は自分で張り替えることができるので、子どもが自分の好みをはっきり言えるようになったら、一緒に張り替えるのもコミニュケーションの一環になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *