Skip to content

ラグマットは実用的な家具だ

ダイニング家具として代表的なのが、ラグマットです。

ラグマットはインテリアのアクセントの役割を果たすだけではありません。断熱効果やクッション効果など実用的な家具でもあります。ラグマットを選ぶとき、インテリア重視の人もいますが、ラグマットは部屋に合わせて選ぶのが良いです。まずリビングは家族が集まる空間です。リビングには居心地の良い家具がふさわしく、ラグマットも素材は柔らかいものが適しています。消臭や防臭加工が施されているとさらに良いです。ソファスタイルのリビングでは、家族が利用する機会の多いソファの足元に敷きます。ラグマットの上にソファテーブルを置くと、近くに飲み物や本を置けて便利です。ソファは置かずに床に座るタイプのリビングでは、肌触りの良い素材にこだわります。

家族みんなで寝転んでもゆったりできるように、大きめのサイズを選びます。リビングとダイニングに特別な仕切りがない家では、ラグマットの色やテクスチャーを変えることで、曖昧な境界線がはっきりします。次にダイニングに使うラグマットは、手入れのしやすいものが良いです。食べ物や水分がラグマットに落ちることを想定して、撥水加工や汚れが目立ちにくい色を選びます。ベッドルームは、素足で過ごす場合が多いです。よってラグマットは暖かい素材が適しています。ラグマットによって冬の冷たいフローリングから足を守ります。マンションに住んでいる場合、子ども部屋には防音効果があるラグマットが良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *