Skip to content

不要になった家具の処分方法

一人暮らしや結婚生活をスタートした時に購入した家具。

長年使用していると、年数が経過して劣化してしまったり、インテリアの好みが変わったり、家族構成が変わったりして、処分したり買い換える必要も出てくるでしょう。小さなものは処分も簡単にできますが、ソファーやベッド、ダイニングテーブルなどの大型家具は、処分するのも一苦労です。大型家具の処分方法としてまず最初に思い浮かぶのが、自治体の粗大ごみとして回収してもらうことです。自治体によって回収の方法や処分にかかる費用も変わってきます。また粗大ごみの種類や大きさによっても違ってくるので、自治体に電話して問い合わせるなどして確認しましょう。また最近では、民間の不要品回収業者で、不要品を自宅まで回収に来てくれるサービスを行っている会社もあります。

自治体より割高になることもありますが、希望の日時に合わせてくれるなど融通が利くのがメリットです。また引っ越しを機に家具を処分する人もいると思います。その場合は引っ越し業者に処分を依頼するのもいいでしょう。引っ越しの見積もりと同時に、処分にかかる費用の見積もりも行ってもらえるため、手間がかからず非常に便利です。不要になったものの中には、まだまだ状態が綺麗な物もあるかと思います。人気のあるデザイナーズ家具などの場合は、リサイクルショップで買取してもらえることもあります。中古市場の需要や商品の状態にもよりますが、自宅まで査定に来てくれるサービスを行っているところも多いので、利用してみるのもいいですね。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *