Skip to content

欧米からの輸入家具には注意が必要

欧米からの輸入家具には注意が必要です。

そもそも欧米の住宅用に作製された家具の場合は、大きめに製造されているものが大半で、日本の住宅事情には合いません。最近ではそもそも家具が住宅に入らないようなものについては組み立て式になったものもありますが、いずれにしても中に入れた上で組み立てたら、予想外に大きく部屋の大部分を家具がとってしまったという話もよく聞かれています。住宅事情にあったものを購入するように心がけることが大事です。ベッドなどの場合は特に注意しないと、いいものだからといって勢いで購入してきて、実際の部屋への搬入が出来なかったということがよくあります。部屋に入らないだけならまだしも、そもそも入り口からの搬入が出来ないなどの問題も大きく言われています。

住居に入らない家具の購入など意味が全くありませんので、まずは材質や値段などを確認する前に、寸法をよく考えておいて購入の決断の材料にする必要がとても大事だと言うことです。なお、材質にも注意を向けることも大事です。アレルギー性のものなどは通常出回りませんが、輸入に関するものについては何に体が反応するかよく注意しないといけないものです。使用していく中で発心等のアレルギー性のものが現れたりすることがないように、事前に輸入物の材質の確認を行っておくことが求められます。不明な場合は、店員等に確認しておくことも必要ですが、ものによっては接着剤なども確認をした方がいい場合もあるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *