Skip to content

家具選びで注意する事

家具を買う上で注意するべきことがあります。

それは自分の部屋の広さを的確に把握することです。家具のショップではフロアが広いため家具がそれほど大きくないように見えますが狭い部屋に持ち帰るとかなり圧迫感を感じてしまうこともあります。ですので6畳くらいの部屋に設置する場合にはあまり面積を取るようなものを買わないようにしましょう。ベッドの場合はダブルサイズのものよりもシングルやセミダブルのものがいいでしょう。ダブルサイズの場合はそもそも運び入れるときに部屋のドアや窓からは入れられない可能性があります。せっかく購入しても入らなければ使えませんので事前にドアやその前の廊下のサイズも把握しておくことが大事です。また引き出しですが出せるのかどうかも考えて選ばなければいけません。引き出しの奥行きがある場合、狭い部屋ですと他の家具につっかえて出せなくなる可能性があります。

特にベッドの下の引き出しなどは奥行きがありますので注意が必要です。家具は出来るだけ長く使うべきものですので耐久性があるものを買うようにしましょう、特にテレビ台などは重たいものを永遠に乗せますので途中で曲がるようなものは良くありません。木製のものを買う場合でも実際に触ってみて耐久性があるかどうかを確かめてください。安物の場合は5年以内で壊れてしまうこともあります。大きなものは処分するのも簡単には行きませんのでできるだけ長く使えることを重点に置いて選ぶことが大事です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *