Skip to content

家具を長い期間安全に使うポイント

家具は手軽に買える金額というより、高価な買い物という印象をお持ちの方が多いでしょう。

たしかに、大きいサイズのものは金額も高額です。せっかく高いお金を出して購入したのに、すぐ壊れてしまったらショックです。そこで、家具を長期間安全に使用するポイントを知っておくことが大事です。日本では、今地震が多発しています。なので、耐久性を考えて設置することが大切ですし、また転倒防止を考えることも大切です。転倒防止の金具はホームセンターなどにも売っていて、誰でも簡単に購入できます。しかし、取り付けの際は気を付けなければならない点が多いので、建築に詳しい業者の方に頼んだり、専門店の方に頼むのも良いでしょう。取り付け方を失敗すると、逆に転倒の恐れがありますので注意しましょう。

また、食器棚などのガラスには飛散防止フィルムを貼っておくと良いでしょう。これなら簡単に貼れますので、少しでも災害に備えるという気持ちが大事です。高いところに荷物を置くのも危険です。たとえば家具の上に重い物を置いておくなど、それが万が一倒れた時にとても危険です。その点もふまえ、家具自体の高さも重要です。なるべく背の低いものを使用するように心がけましょう。家具も電化製品同様、使用上の注意があります。耐久重量も決まっているものがありますので、それ以上の重さのものを長期間置いておくと、壊れる原因となります。

テーブルなどは、遊び半分で乗ってはしゃいでる子供も目にしますが、普段かけることのない刺激が与えられることにより、破損の原因になりますし突然壊れたりして非常に危険です。正しい使い方をするということが、長期間安全に使用できるポイントにつながりますので、気を付けて使用しましょう。ソファーなども、座る位置を一定にせず、色々な角度や方向で座ることによってより長持ちしますので、心がけてみてください。正しい使い方や設置方法で、安全に使いましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *