Skip to content

1つの部屋を家具を使って2部屋に分けるマル秘テク

ファミリーで賃貸物件や一戸建てにお住まいの場合、お子さんのために部屋を用意する方も多いのではないでしょうか。

小さい内なら男女が同室というのも可能ですが、年頃になってくればプライバシーの問題からも別々の部屋であることが理想的といえるでしょう。しかし、個々に部屋を与えられるほど部屋数が多くなければ、なかなか難しいのが現実なのです。そういった場合には、家具を上手に使って1部屋を2部屋のように分離する、というテクニックもあります。例えば、部屋の真ん中にカーテンを取り付け区切り、それぞれのスペースにベッドやデスクを置くののです。

この際、デスクは折り式のものにしたり、ベッドではなくて布団敷きにすことで都度状況に応じて部屋をカスタマイズすることもできます。また、オリジナルの家具を制作している業者もありますので、部屋をうまく分割できるようなタイプのベッドと机が兼用になっていて2人で使える家具を作ってもらう、という方法もあります。

こちらは完全にオーダーメイドですからある程度発想をまとめる必要がありますが、最初から工程に関わっていれば完成した時の喜びもひとしおなのではないでしょうか。他にも1つの部屋を家具を使って工夫しながら分ける方法もありますので、興味のある方はオリジナルの方法を考えてみるのもよいでしょう。お子さんを含めてご家族で理想の部屋について話し合うことにより、みんなが笑顔になれる空間を作り出すことも可能なのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *