Skip to content

身体に合わなくなった家具は買い替えを

お部屋に置く家具の中でも、利用頻度が高い製品と言えば、椅子とテーブルです。床に直に座り続けると、足腰に負担が掛かります。

床生活は腰痛や肩こり、眼精疲労の原因になりますので、長時間デスクワーク等をする場合は、PCデスクと椅子の方が健康的です。ただし机と椅子なら何でも良いという事はありません。昔購入したデスクと椅子が、今の自分の体格に合っているとは言い切れないためです。特に学生時代に買ったテーブルやPCデスクは、現在の身長や体格に合っていない可能性大です。いわゆる学習机のまま、デスクワークを続けるのはちょっと無理があるでしょう。

狭いスペースを無理やり使い続けては、仕事の効率が落ちますし、パソコンを置く事を考慮されていない昔の学習机では、物の置き場に困ります。また身長が伸びた、昔に比べて太った等の体格の変化があった方々も家具には要注意です。低すぎるテーブルを使い続ければ、眼精疲労や肩こり、手や腰の痛みの原因になります。

家具のサイズに違和感を覚え始めたら、思い切ってテーブルやPCデスクの買い替えを考えましょう。昔は高価なお買い物だった家具ですが、今では比較的リーズナブルな製品がありますので、痛みが激しいデスクや体格に合わなくなったテーブル、腰痛の原因となった椅子等は引退させた方が賢明です。例えば最近のPCデスクには、ケーブルを逃がす穴が用意されています。昔の家具には無いアイデアが搭載されていますので、プリンタやパソコンのケーブルを上手く一纏めに出来るのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *